【1万円以下でコスパ最強】ビジネスシューズ7選!安い革靴おすすめまとめ!

ビジネスシューズ コスパ スニーカー・シューズ

オフィスワークだとビジネスシューズは欠かすことができないけど、あまりお金を掛けたくない。と思われている方も多いかと思います。ビジネスシューズと言えど、永久的に履けるわけでもなく最終的には履きつぶして新しいシューズに買い替える方も多いのではないでしょうか?

買い替え頻度の高いビジネスマンにとって1万円以内で購入することができるビジネスシューズは魅力的だと思います。

そこで、この記事では「安っぽさを感じさせないコスパ最強の1万円以内で購入することができるビジネスシューズ」を厳選して紹介していきます。

 

コスパの高いビジネスシューズの選び方

ビジネスシューズ コスパ

コスパ最強と言えど「何をもってコスパが高い」かがビジネスシューズの選び方で重要になってきます。

〇価格が安い
〇長期間は着回しすることができる
〇仕事だけでなく冠婚葬祭で履くことができる
〇上質な素材を使用していながら安価で購入できる

などなど、安価ながら歩きやすさや高級感、幅広いシーンで活躍してくれるビジネスシューズがあれば非常にコストパフォーマンスに優れています。

さらに、日本製というメイドインジャパンであれば信頼感も上がるので、そういった部分も含めてコスパに優れたビジネスシューズを選ぶことが大切です。

仕事だけでなく冠婚葬祭で使えるか?

ビジネスシューズを選ぶ際に「仕事」だけでなく「冠婚葬祭」でも使うことができるか?ということも考えて購入する方も多いかと思います。

シンプルな黒のビジネスシューズであれば、ビジネススーツにも合わせることができ、冠婚葬祭に履いていけるシューズとしても活躍してくれます。急に予定が入った時が万が一あったとしても、黒のビジネスシューズがあればどんな場面でも応用することができるので、「他の場面で使うことができるのか?」という視点で選ぶのも最適です。

上質ながら安価で購入できるか?

コストパフォーマンスに優れているビジネスシューズを選ぶ中で、特に大事なのが「上質で安価なビジネスシューズであるか?」ということだと思います。

高級感があるレザーを使用し、低反発で柔らかいクッション性を兼ねそろえ、歩きやすさもあるビジネスシューズが安く購入できるかどうかは特に重要です。

ビジネスシューズの相場はピンキリで、高いモデルは5万円~10万円以上と高価な値段になりますが、歩きやすさもあり、高級感もありで1万円以内で購入することができれば非常にコスパに優れています。

値段だけでなく、革靴の質感にも着目をして選ぶことが大切です。

ソールについて

ソールには「革底」と「ゴム底」の2つがあります。

「革底」は高級感がある上品なデザインが特徴的ですが、削れた底のメンテナンスにお金がかかります。

その反面「ゴム底」の革靴はアウトソールがすり減っても低コストでメンテナンスすることができるので、「革底」か「ゴム底」だと「ゴム底」の方がコスパに優れています。

 

1万円以内で買えるコスパ最強のビジネスシューズ7選

「センチメートル」WALL ビジネスシューズ(税込み¥7,700)

コスパ ビジネスシューズ ビジネスシューズ コスパ

楽天市場で詳細を見る≫

Amazonで詳細を見る≫

質感、形、履き心地、シルエットデザインのどれをとっても非常に高品質な「CENTiMETER4(センチメートル4)」のビジネスシューズは、価格以上の上質な印象を与えてくれるビジネスマンに一押しのビジネスシューズです。

柔らか低反発インソールを採用しているので、足に伝わる衝撃を吸収してくれ、どれだけでも歩きたくなるような履き心地が特徴的な革靴となっています。地面との接地面積が増えることで快適な履き心地を提供してくれるのでビジネスマンの足元を最大限サポートしてくれます。

ビジネスシューズ コスパ

また、シンプルでクールなブラックカラーと渋さのあるブランカラーの2カラー展開されているこちらのモデルのビジネスシューズは¥7,700で販売されています。

「センチメートル」Quarry ビジネスシューズ(税込み¥7,700)

ビジネスシューズ コスパ ビジネスシューズ コスパ

楽天市場で詳細を見る≫

Amazonで詳細を見る≫

スタイリッシュなシルエットで「できる男」の印象をより高めてくれる「CENTiMETER4(センチメートル4)」のQuarryは細部までこだわりぬかれた本格革を採用したビジネスシューズです。

ビジネススーツにぴったりなこちらのプレーントゥの革靴は、沢山ある革靴の中でも最もシンプルなデザインが特徴的で、人を選ばずビジネスマンの足元にぴったりなデザインとなっています。

ビジネスシューズ コスパ

ネイビースーツに合わせてもシックでかっこいいスーツコーデに仕上がり、プレーントゥはストレートチップよりも「シュッ」としたスタイリッシュなシルエットなので、全体的にスマートな見た目や背丈を大きく見せたい方にオススメのモデルとなっています。

ラフスタイルのセットアップなフォーマルやビジネスシーンでも使うことができるシューズなので、こちらのQuarryモデル1つで幅の効かした履きこなし方をすることも可能です。税込み¥7,700。

「ギオネ」ビジネスシューズ(税込み¥8,200)

ビジネスシューズ コスパ

楽天市場で詳細を見る≫

Amazonで詳細を見る≫

ベーシックなストレートチップのフォルムを採用した「GUIONNET(ギオネ)」のこちらのモデルは、英国調な雰囲気を感じさせてくれる仕上がりとなっています。クラシックなデザインで、フォーマルでもビジネスでも場所を選ばないシンプルなビジネスシューズは、多くの男性の足元をしっかりと引きしてめてくれる最高のアイテム。

日本の職人が1つ1つ丁寧に作り上げる「MADE IN JAPAN」のビジネスシューズは、細かな細部まで洗練された安心して履くことができるのが特徴的。信頼感のあるメイドインジャパンで足元をクールに決めてみるのもいいオススメのビジネスシューズです。

「ギオネ」Uチップ ビジネスシューズ(税込み¥8,200)

ビジネスシューズ コスパ ビジネスシューズ コスパ

楽天市場で詳細を見る≫

Amazonで詳細を見る≫

上品な風合いで型崩れがしにくい「GUIONNET(ギオネ)」のUチップを採用したビジネスシューズは足元から高級感を感じさせてくれるエレガントなモデルです。Uチップデザインのビジネスシューズを取り入れることで、カジュアルになりがちなコーデやスタイルでも足元から品のある高級感を演出してくれます。

また、落ち着いた雰囲気を与えてくれるので、大人らしさのあるできる男性像に仕上げてくれるのもオススメしたいポイント。日本の職人が1つ1つ作り上げているモデルだからこそカッコよく履きこなすことができるオススメのビジネスシューズとなっています。

「ベネフォース」ビジネスシューズ(税込み¥5,478)

ビジネスシューズ コスパ

楽天市場で詳細を見る≫

Amazonで詳細を見る≫

16種類のタイプのビジネスシューズの中から自分好みのデザインやカラーを選ぶことができる「BENE FORCE(ベネフォース)」の革靴はフォーマルからビジネスまで幅広いシーンで使用することができます。

5000円前後で購入することができる低価格ながら、日本人の足の大きさに合わせた木型を採用しているので、フィット感ある履き心地を体感することができます。営業で革靴を履きつぶしてしまう方でも気軽に買い替えをすることができる料金で購入することができるので、買い置きしていたくなるようなビジネスシューズです。

また、スニーカーのような歩きやすいスリッポンモデルも展開されているので、屋内用ビジネスシューズとしても大活躍してくれるおすすめのシューズです。

「ジンク」ビジネスシューズ(税込み¥4,400)

ビジネスシューズ コスパ

楽天市場で詳細を見る≫

Amazonで詳細を見る≫

撥水加工が施されているので急な雨や水がかかっても大丈夫な「ZINC(ジンク)」の本革を使用したビジネスシューズは、上質な質感で足元から高級感を演出してくれます。

こちらの革靴は1足4,400円と2足購入しても8,000円で買うことができる非常にコストパフォーマンスに優れた安価なビジネスシューズです。

低価格なモデルですが安っぽさを感じさせず、「撥水加工」や「本革」を採用して5千円以内で購入できる革靴としては非常に優秀なのでぜひビジネスマンにお勧めしたいモデルとなっています。

「キンロック」ビジネスシューズ(税込み¥8,127)

ビジネスシューズ コスパ

楽天市場で詳細を見る≫

Amazonで詳細を見る≫

上品なツヤ感を足元にプラスすることができる「Kinloch(キンロック)」のビジネスシューズは、本革を使用した高級感あるデザインが特徴的なモデル。

革靴を選ぶうえで重要なポイントとして「足の横幅のサイズ」は要チェックしておきたいポイント。こちらのモデルは足の横幅が広い方でも問題なく履くことができる「ゆったりとした3E設計」を採用しています。横幅が狭くて靴擦れをしていた方でも、幅広のビジネスシューズを選ぶことで快適な履き心地ちを実感することができるそんなおすすめのビジネスシューズとなっています。

タイトルとURLをコピーしました